ヨーロッパ鉄道時刻表を購入

何カ国もヨーロッパ巡る旅の必須アイテム

 2014年のヨーロッパ旅行まで、あと2ヶ月と迫っていた事に気付き、このへんで本格的にプランを練らなければ思い始めました。

 ヨーロッパの鉄道旅行と言えば、トーマスクック社の「トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表」は計画を練るのに必須の一冊です。しかし、2013年8月、トーマスクック社の出版事業撤退により、この時刻表はもう無くなった事を数ヶ月前に知り、ショックを受けました。

 しかし、捨てる神もあれば拾う神あり。この時刻表を継続して発刊するために、European Rail Timetable社が設立され、トーマスクック社から版権を買い取り「European Rail Timetable」として新創刊されました。

欧州旅行の友!「ヨーロッパ鉄道時刻表」

※※Amazon.co.jp ヨーロッパ鉄道時刻表

 日本では、海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」を出版しているダイヤモンド・ビッグ社が、長年、この時刻表の日本語版を出版していて、新創刊されたEuropean Rail Timetableも、2014年の春版から、引き続き日本語版を出版するようになりました。

 日本語版では「ヨーロッパ鉄道時刻表」として発行されるようになったこの時刻表を、プランニングのために取り寄せました。開封し手に取ると、表紙がつやつやした加工が施されてテカっているのにアレ?って思い違和感を感じました。しかしページをめくると、この時刻表独特の表示と、薄いわら半紙のような軽い紙の質感は、慣れ親しんだトーマスクック時刻表そのもので、よく新創刊してくれたものと嬉しく思いました。

ウェブ検索全盛期における紙の時刻表メリットとは…

 現代では各国鉄道事業者のウェブサイトで、かなり細かく時刻検索ができ、その点ではヨーロッパ鉄道時刻表は太刀打ちできません…。しかし、特急列車や長距離列車の運転区間や本数など、広範囲の概要を俯瞰し把握するためには、まだ大いに利用価値があると考えています。

ヨーロッパ鉄道時刻表のページ

 また、鉄道ファンの私にとって、時刻表とは何気なく眺めて想像しているだけで、時が過ぎてしまう楽しいモノでもあります。

 日本語版と英語版の違いという項目に、時刻表部分をそのまま掲載しているけど、自動車輸送列車やヨーロッパ以外の地域(アジア、アフリカ、アメリカetc…)の時刻は日本語版では割愛との記述。私は今まで日本語版しか買った事がなく、今回もそうなのですが、そう聞くと英語版も買ってみたくなります(笑)

 ちなみに英語版は、毎月発行の月刊版と、6月発行の夏版、12月発行の冬版という季節版の2種があります。日本語版は季節版を元に作成されているとの事です。


↓そしてこのヨーロッパ鉄道時刻表を活用した2014年夏旅のダイジェスト版がこちらです↓ 「ヨーロッパに行ってきました (クロアチア、ドイツ、スイス)」(メンテナンス中)

※※アマゾンでヨーロッパ鉄道時刻表をチェックする。

※※洋書版はこちらからどうぞ⇒European Rail Timetable"

コメント

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。