ホテル・アルファーワン津山~駅真横な上に列車や駅舎が眺められる嬉しいホテル~

 津山線、因美線、姫新線と、3路線4方向からの路線が交わる岡山県内陸部の街、津山市。中心駅は津山駅で、駅前にあるのが「ホテル・アルファーワン津山」です。全国に展開するビジネスホテルチェーン、アルファーワン(α1)の系列ホテルです。

津山駅前のホテル、ホテルアルファーワン津山

 4方向からの路線が交わると言っても、津山線を除く3方向は、列車の間隔が数時間も空く事もある難関区間。因美線や姫新線の駅を制覇しようとなると、早朝出発を余儀なくされる事も…。

 そういう場合、津山駅真横のアルファーワン津山に泊まるのが便利で、乗り鉄や駅巡りの旅でお世話になった鉄道ファンも多いのではと思います。

 内装やファブリック類がピンク系の女性好みの雰囲気ですが、標準的なビジネスホテルホテルの客室設備です。公式サイトで写真を見比べると、普通のシングルルームよりは少し広い感じがしたので、デラックスシングルというカテゴリーの部屋だったのかもしれません。

 若干古さを感じましたが、泊り心地は悪くなく、ごく普通のビジネスホテルでした。料金もお手頃なんじゃないでしょうか。

駅前のホテルアルファーワンの客室から眺めた夜の津山駅

 鉄道旅行に便利な立地はもちろん、嬉しいのがステーション&トレインビューなのが鉄道ファンには嬉しい所。構内は広く、かつては津山機関区が置かれた鉄道の街だったのだなと…。今でも車両の停泊こそありますが、すっかりと落ち着いてしまった感があり、夜の闇の中で息を潜めているかのような空気感を漂わせています。

ホテルアルファーワンから眺めたJR津山駅駅舎

 津山駅駅舎。駅前はひっそりとしています。駅の前を出雲街道・国道53号線が通り、西に少し歩くと郊外の国道沿いで見るようなロードサイド店がいくつも建っていました。

 津山市の中心街は駅周囲ではなく、吉井川を渡った北側一帯で、飲食店や商店などが立ち並びます。以前、商店街を歩いていると、B'zのボーカル・稲葉浩志ゆかりという喫茶店があり驚いたものです。稲葉さんは岡山県津山出身です。

夜明け前のJR津山駅、各方面への始発列車

 翌日は5時過ぎに津山駅へ。中心街にもいくつかビジネスホテルがありますが、駅前ホテルの威力発揮で、早すぎる旅立ちの中、ぎりぎりまで寝られました。

 まだ夜の闇に包まれた中、私はまだ目が覚め切らぬ心地ですが、駅はすっかり目を覚ましていました。煌々と明かりが灯る駅に、3本の列車が出発の時を待っていました。

※※ホテルアルファーワン津山の料金と口コミ [TripAdvisor]


(※注: 客室カテゴリーなど諸条件により、どの部屋からでも列車や駅を眺められるとは限りません。公式サイトをご覧になるなど、情報を確認する事をお勧めします。)

コメント

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ