グランドオープン迫る!門司港駅舎復原工事、途中経過

ターミナル駅の風情残す洋風木造駅舎

 11月末に、駅舎復原工事中の門司港駅に行ってきました。

 1891年(明治24年)に九州鉄道の門司駅として開業ました。対岸の山口県下関駅とは連絡船で結ばれ、九州の玄関口として賑わいました。

 そんな重要な地位の駅だからでしょうか。1914年(大正3年)の移転時に建てられた駅舎は、ターミナル駅の威厳に満ちた2階建ての洋風木造駅舎でした。

 1942年(昭和17年)に関門トンネルが開通すると、駅名は門司港駅に改称され、メインルートから外れました。そのおかげか、時代が戦後から高度経済成長期へ移りゆき、多くの主要駅の駅舎が取り壊されてゆく中、門司港駅の駅舎は残り続け、1988年(昭和63年)には駅舎として初の重要文化財に指定されました。

 築100年を迎えようとしている中、本格的な駅舎保存工事が施される事になりました。2012年(平成24年)9月29日に、駅舎は閉鎖され、仮駅舎での営業に移行となりました。長い冬眠に入ったような心境でしたが、次の時代に歴史ある駅舎を渡すためのしばし我慢の時…

1914年築の洋風木造駅舎、鹿児島本線の門司港駅。(1990年代当時)

 こちらは1990年代前半に訪れた時の門司港駅の写真。築80数年の頃。その頃、駅舎に興味は無かったですが、さすがに門司港駅駅舎の偉大さは知っていて、わざわざ見に訪れたものです。

部分的に先行オープンした門司港駅駅舎

 まだ工事中は続いていて、グランドオープンは2019年3月の予定。しかし、2018年(平成30年)11月10日に、JR九州は完成部分を先行リニューアルオープンさせました。

 当日は関門連絡線を偲ぶように、下関から船で渡ってきました。

鹿児島本線、駅舎復原工事中の門司港駅

 駅前広場はフェンスで囲まれています。しかし駅舎の外観はかなり進んでいました。フェンスより高くカメラを掲げ撮影。

復原進み部分オープンとなった門司港駅の洋風木造駅舎

 真正面に立つと、威風堂々とした…、されど大正ロマンを蘇らせたような瀟洒さに圧倒されました。

 中に入ります…

駅舎復原進む門司港駅改札口、切符売場などコンコース

 駅舎1階部分の改札口や切符売場などコンコース部分。私の記憶と比較すると、大きく構造は変えられていないような気がします。だけどピカピカ。

門司港駅舎復原、出札口(切符売場)

 再現された切符売場は芸術品の域!窓口がたくさんあり、いちばんこの駅が賑わった頃を髣髴とさせます。しかし、切符売場の機能としては、隅に2台の券売機が埋め込まれているだけです。みどりの窓口は隣の別室にあります。

復原された門司港駅駅舎、手小荷物窓口

 改札口への動線をはさんで、反対側には手小荷物窓口まで木で再現されていました。

復元工事中の門司港駅駅舎、改札口を行き交う人々

 どれだけきれいに復原されても、なによりも素晴らしいのがそれが実際に駅として使われている事。人々がレトロな駅舎を行き交う風景にしびれます!

復原工事中の門司港駅駅舎、出札窓口隣のみどりの窓口

 先ほどの切符売場の左隣には、みどりの窓口が設置されています。こちらも凄い仕上がり。鏡のように室内を映す木の天井が完成ホヤホヤなのを印象付けます。

鹿児島本線・門司港駅、みどりの窓口内の暖炉の跡

 みどりの窓口の片隅にはレトロな暖炉の跡が残っていました。

門司港駅、みどりの窓口内の暖炉の「西洋料理喫茶所」の案内

 暖炉の造りの中に「西洋料理喫茶所 REFRESHMENTS UPSTAIRS」という古びた案内板が組み込まれていました。3月のグランドオープン時には、往時、2階で営業していた食堂をイメージしたレストランも開店するとの事で、楽しみです。

門司港駅駅舎みどりの窓口、古びた昔からの窓枠

 いろいろレトロに仕上げられあていますが、みどりの窓口の窓を見ると、古い木枠のまま。浮き出た木目に門司港駅の歴史を感じさせます。


すこし駅構内を歩いてみました。

門司港駅のレトロな水場「帰り水」

 トイレの近くには「帰り水」と呼ばれるレトロな水場があります。復員などで海外から門司港に入港した人々が喉を潤したので、いつしかそう呼ばれるようになったとか…

門司港駅、行き止まりの櫛形プラットホーム

 重厚な洋風木造駅舎に付属する、行き止まり櫛形ホームは、いまだ九州の玄関口だった風情を漂わせています。

門司港駅、関門連絡線通路跡、軍の監視穴も

 プラットホームの隅にはかつての関門連絡船への乗り換え通路の遺構も残っています。横のコンクリートの壁には、戦中、軍の命令で作った、渡航者を監視するための覗き穴の跡も残っています。

門司港駅、3・4番線背後のゼロマイル標と幸福の泉

 3、4番線の背後には九州の鉄道の起点を示す記念碑「0哩標 (ゼロマイル標)」が設置されています。その手前には「幸福の泉」という小さな泉が設置されていました。中には幸福を願って投げ入れられたたくさんの小銭がきらきらと輝いていました。


[2018年(平成30年)11月訪問] (福岡県北九州市)

☆ブログランキング参加中!
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ


関連記事

コメント

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ