意外と木造駅舎銀座のローカル線!? 美祢線の旅(1)~厚保駅とレトロな郵便局跡~

 ほぼ未乗の美祢線にでも乗ってみようと、めぼしい古駅舎が無いか、調べてみました。すると、途中駅10駅中7駅で、古い木造駅舎が残っている事を知りました。木の質感溢れる木造駅舎ではなさそうなのがやや残念ながらなも、これは意外な結果。

JR西日本・厚狭駅に停車する美祢線キハ120形気動車

 計画の段階でどの駅の下車するかちょっと迷いつつ、7時34分、厚狭駅から美祢線経由の東萩行きの列車で旅のスタート!車窓はすぐにローカル線ののどかな風景となり、厚狭から二駅目の厚保駅で下車しました。読み方は「あつ」の難読駅です。

JR美祢線・厚保駅のプラットホームと駅舎

 降り立つと、プラットホームは高い木々に囲まれ、駅でないような風景が目の前に広がりました。

美祢線・厚保駅の木造駅舎、木の柱が並ぶ

 軒を支える木の柱が、朝日に映え浮かび上がる風景が、改修されながらなおも佇む木造駅舎の深みを感じさせます。

JR西日本・美祢線、厚保駅の木造駅舎正面

 駅舎を正面から眺めてみました、新建材で改修されているものの、屋根が高くやや大柄な木造駅舎が現役。無人駅ですが、かつての駅事務室が、地域交流ステーションとして利用されています。


 厚保駅で降りたのにはこの駅舎はもちろん、近場に見たいものがあったからです。それを見に、ちょっと離れ歩きました。

厚狭川を渡り歩くと、人家や学校が現れ人里に入ったと実感する雰囲気に。厚保駅は街の外れに立地しているようです。そして20分ほど迷いつつ歩き、立ち並ぶ建物の中から、一際古い建物が頭ひとつ飛び抜けているのが目に入りました。

旧厚保郵便局の廃墟、荒れた裏側

 目的の建物の裏口のようです。蔦や草がぼうぼうで完全に廃墟と化しています。そして、その建物の正面にまわってみました。

美祢市、洋風の造りが印象的jな旧厚保郵便局

 その廃墟は旧厚保郵便局の局舎だった建築物です。

厚保郵便局の旧局舎、洋風建築に郵便マークが印象的

 洋風のモダンな造りが洒落ていて、車寄せ部分の郵便マーク(〒)や、厚保郵便局と標された扉の窓部分が、廃墟と化した現在でも、かつては郵便局であった事を強く印象付けます。

廃墟と化した旧厚保郵便局、窓口の造りが残る内部

 内部は荒れていながらも、郵便局窓口の造りを残していました。

 側面からも内部を見てみると、荒れきり、障子がボロボロになった畳敷きの部屋がありました。かつての休憩室、もしくは住居部分だったのでしょうか…?

 物凄い建物という訳ではないですが、ユニークな建築物で是非保存をと思います。しかし、個人所有の場合、一個人の力で建築物を維持していくのは不可能なのでしょう…。きっとこのまま朽ちていき、限界が来たら取り壊される運命なのでしょう。


 厚保郵便局の旧局舎に見入っている内に時間が過ぎてしまい、急いで厚保駅に向かいました。しかし、美祢線の路線が見えた頃に、無情にも川の向こうに長門市行きの列車が走り去っていく所。何と乗り遅れという失態!あと2分早く着けば…。全力でダッシュすればと思いましたが、そんな気力は…。

 時刻表を見ると、次の列車は上下とも2時間後で、どうしようと戸惑いました。この駅で2時間過ごしても良かったのですが、次の四郎ヶ原駅までは約3kmなので、歩く事にしました。

 四郎ヶ原駅までの道…、主に県道33号線はあまり面白味がない風景で、駅間徒歩も退屈に思いつつ早足になりました。

駅間徒歩で、厚保駅‐四郎ヶ原駅間の県道33号線を歩く

 でも何で、このへんのガードレールは黄色いの!!??

 駅巡りで何とかなる列車本数と、計画が狂っても、代わりとなる木造駅舎があるのが美祢線のいい所と気分を変え、四郎ヶ原駅を目指しひたすら歩きました。

コメント

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。