JAL SKY SUITE 777・プレミアムエコノミークラス、ロンドン‐東京羽田(1)~ヒースロー空港離陸~

JALの進化したキャビン、スカイスイート777

 クロアチアをメインとした長かったヨーロッパ旅行。帰路3フライト目はJALのロンドン・ヒースロー空港発東京・羽田行きです。機材はB777-300ER。JALのフラッグシップとなった同機は、近年、SKY SUITE 777(スカイスイート777・SS7)として、ビジネスクラスに個室感覚のフルフラットシートを導入したり、詰め込み傾向が強まる世界中のエコノミークラスで、あえてシートの間隔や幅を広げたエコノミークラスを導入するなど、とても高い評価を得ています。

ロンドンヒースローT3、スカイスイート装備のJAL777-300ER

 当日、ロンドン・ヒースロー空港で、表示された搭乗時間の18時15分になっても、搭乗口の案内が出てきません。ですが、ラウンジからJALの機体が駐機しているのが見えていたので、大体この辺りだろうと行ってみました。するとJALの係員の方々待機している搭乗待合所があり、JALのB777-300ERが繋がれていました。搭乗券のチェックを受け待合所に入ると、何と全搭乗客中2着。がらんとしたガラス張りの待合所で変な気分で過ごしました。

 その後、搭乗客が続々と詰め掛け、18時40分過ぎに搭乗開始。

 まず、ビジネスクラスの客室を通過します。一席毎に仕切られたビジネスクラスを溜息をつきながら一瞥しました。今回は往復とも特典航空券で、往路は幸運にもビジネスクラスだったのですが、復路はキャンセル待ちでギリギリまでフライトが確定しないよりかはと思い、プレミアムエコノミークラス(PY)で早めに妥協しました。なのでSS7の新PYが楽しみとは言え、往路のフランクフルト便で快適さを満喫していたため、やや残念です。

JALの新プレミアムエコノミークラスシート・スカイプレミアムをチェック

 そしてビジネスクラスの後ろがプレミアムエコノミークラスの客室です。

JALスカイスイート777、プレミアムエコノミークラス、客室と座席

 翼の真横にあり、横8席が5列と40席。スカイプレミアムと名づけられた黒いシェルに赤いシートとデザイン性が高いシートが並びます。ただ、シェルが黒く濃い赤のため、暗く重なぁというのが正直な第一印象です。

JALスカイスイート・PYクラス、広いシートピッチ

 …とは言え、シートに座ると、いまいちな印象は吹き飛びました。足元が旧PYに比べて格段に広く感じます。写真はリクライニングしないで座った時の足元です。

 スカイシェルシートと呼ばれるJALの旧型のPY座席も、背面がシェルというカバーで覆われていてリクライニングしても後ろに席が倒れ込まない構造でした。エコノミークラスよりシート間隔が15センチ程広いのですが、足元だけは広く感じても、シェルの厚みもあり体感的には数値ほどのピッチはないように感じたものでした。

 SS7の新PY・スカイプレミアムはシートの造りを刷新した上、前後の間隔を約10cm広げ107cmとし、大幅な改善となった感があります。他のエアラインのPYクラスを見ると、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の116cmは別格として、約半年前に搭乗したキャセイパシフィック航空など、ほとんどのエアラインのPYのシート間隔は約96cmなので、それよりも約10cmも広い事になります。たかが10cmされど10cmで、シートのつり区が改善されシェルでリクライニングさせても前席が倒れて来ない事もあり、SS7のPYだと余裕で足が組めます。

JALスカイスイート・PYクラス座席、隣席との仕切り

 シートの顔の部分に、隣席との小さな仕切りがあります。

JALスカイスイート・PYクラス座席、ドリンクホルダー

 前席座席の背面には折りたたみ式カップホルダーが付いています。これが優れモノで、ドリンクを置くためにテーブルを出すと、足が組めないなど姿勢に制限が生じてしまいます。これならそんな煩わしさはありません。

 少し欠点に感じたのが、小物収納スペースがエコノミークラスに比べて乏しいかと思いました。SS7の新エコノミークラスは、前席の背面にスマホ入れや小物入れを効率的に設けたのに、PYの方にはなんで作らなかったのかと思います。

 でも、ビジネスクラスとエコノミークラスの大きな改善に比べ地味ではありますが、スカイスイート化によって、プレミアムエコノミークラスの座席も確実に改善され、感触は上々。

夕景のテイクオフ。翼の下のロンドンを惜しみつつ日本へ…

 搭乗が終りドアクローズとなると、キャビンアテンダントさんに気になる事を質問してみました。
「9月1日から、電波を発しない電子機器は離着陸時に機内で使えるようになったんですよね?」と。
2014年9月1日より国道交通省の告示の改訂で、そうなった筈で、今まで出来なかった離着陸時の風景を撮影できる事を、このフライトの楽しみの一つにしていました。機内では、イギリスにあっても、その航空機が所属する国の法律が適用されるものです。念のため確認してみると、OKとの事。その時、
「翼の上であまりご覧になれませんが」
と、申し訳無さそうにされていました。でも翼があっての飛行機ですので、それはそれで面白そうです。

 ほぼ定刻の19時10分過ぎ、プッシュバックが始まり、滑走路へ向かいました。

ロンドン・ヒースロー空港に集うA380。EK、SQ、QF。

 JAL機の隣には、エミレーツの、その隣りにはシンガポール航空の、奥にはカンタス・オーストラリア航空と3機ものA380が並んでいました。

夕日を浴びるロンドン・ヒースロー空港、離陸待ちのB747-400

 夕暮れのヒースロー空港を滑走路に向けて移動します。前方にはB747-400が先行していますが、逆光でどこのエアラインかはわかりませんでした。

ロンドン・ヒースロー空港。ブリティッシュ・エアウェイズA380

 そして第5ターミナルの横に差し掛かった時、ブリティッシュエアウェイズのA380と並びました。この後、マレーシア航空のA380も見ました。この離陸までの間に、5社ものA380を見た事に。今後、エティハド航空とカタール航空も、A380でヒースロー空港への乗り入れを表明していて、空港と言うよりロンドンという都市の威力をまざまざと感じさせられた気分です。

 過密空港のロンドンヒースロー空港なので、弟4ターミナルの方からも、滑走路に吸い寄せられるように離陸する飛行機が続々と集まり、ちょっとした渋滞に。

LHR、サウジアラビア航空のB777-300ER

 サウジアラビアのサウディア、B777-300ER。

ロンドン・ヒースロー空港、KLMのフォッカー70

 KLMオランダ航空の子会社、KLMシティホッパーのフォッカー70。オランダ産のフォッカー機も今やレアになってきました。

 日本では見られない航空会社や機種をいくつも見た後、滑走が始まりました。BAの格納庫を一瞬で掠め、どんどんパワーを増し遂に…

JALロンドンヒースロー空港離陸、LHR・T4

 離陸!眼下に第4ターミナルを望みます。第4ターミナルは主にスカイチームの航空会社が利用し、大韓航空、ケニア航空の機体が見え、他にエティハド航空、クウェート航空などの機体も見えました。

LHR離陸、機内から眼下に望むロンドンの風景

 左に旋回。翼の下には、ロンドン郊外の整然と家々が並ぶ街並みが望めます。

JAL離陸後の機窓、ロンドン市内を流れるテムズ川

 1本の大きな川が街並みを分けるように流れています。川沿いにはビルも目立ちます。ロンドン市内を流れるテムズ川の機窓が眼下に広がります。

JAL離陸後の機窓、ロンドン郊外を眺めながら旋回・上昇

 翼を下げ右に大きく旋回しました。もうロンドン郊外で田園風景も混じります。そして、ぐんぐん高度を上げ雲の上へ…。これでヨーロッパともしばらくお別れかと思うと、寂しい気持ちが心を過ぎりました。


【その(2)はこちらへどうぞ: JAL・PYの機内食、羽田着陸時の風景など

☆ブログランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

コメント

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。