宗谷本線・雄信内駅前~雪深き沈黙の集落を歩く~

木造駅舎が残る駅

 真冬の北海道、宗谷本線の列車に揺られ旅していました。車窓は一面の雪で、なおも雪が降り景色は白く霞んでいました。

 列車は雄信内駅で停車し、私は厳寒の空の下、プラットホームに足を降ろしました。

宗谷本線・雄信内駅、雪の中の木造駅舎

 JR北海道の駅としては珍しく、昔のままの雰囲気を良く留めた古い木造駅舎が残りますが、あちこち傷みが目立ち、廃虚の趣きさえ漂います。

 無人駅ですが、冬期は線路の除雪要員が旧駅事務室に詰めています。なので、あちら側はストーブが焚かれ暖かそうですが、こちら側の待合室は寒いまま…。待合室の天井下に、ストーブの配管が通っているのを恨めしい気分で見上げます。

 ストーブの配管は壁を抜けて外の煙突へと続いています。煙突の外の付け根部分は、暖かい煙が急に冷たい空気に触れる部分のためでしょうか…、煙突からひとつひとつ垂れる雫はマイナスを記録する寒さのため凍りつき、とんでもない大きさのつららと化し積もった雪に突き刺さっていました。目の前の何気ない場所のすさまじい風景に、自然の猛威を感じます。きっと夜はマイナス10度以下という極寒は、道北ではあたりまえなのでしょう。

宗谷本線・雄信内駅、駅舎の煙突にできた巨大なつらら

 灰が混じり黒味を帯びている巨大なつららは不気味さを漂わせています。

雪と沈黙に包まれる集落

 駅前に歩みを進めると、小さな集落が形成されています。いえ、「されていた」と言ったほうが正確なのでしょう。十件程度ある建物は廃虚ばかりで、雪に埋もれながらただ無言で佇むだけ。雄信内駅の駅前は、住民が離れた無人地帯と化していたのでした。秘境駅… 過疎… 棄てられた街…。しかし、心ならずも想いある故郷を離れざるを得なかった人々の心情を想うと、心が痛くなってきます。

冬の宗谷本線・雄信内駅と駅前の廃屋 宗谷本線・雄信内駅前、打ち棄てられた農業倉庫 雄信内駅前、雪に埋もれるトラックの廃車体 雄信内駅前、雪に埋もれる商店の廃墟 雄信内駅前の廃墟、アンテナの家屋 雄信内駅前、雄信内小学校廃校跡 雄信内駅前の集落、雪に埋もれる家屋の廃墟

 廃車、廃屋、廃商店、廃校…、廃墟の数々が確かに人がそこに住んでいた事を伝えてくれます。それらを見るにつけ、深い雪の下から、人々の生活の残り香が未だに漂ってくるかのよう…。ただぼう然としながら集落の中を歩きました。


[2006年2月訪問] (北海道幌延町)

☆ブログランキング参加中!
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

コメント

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ