山陰本線・玉江駅訪問記Up!+古駅舎窓口のちょっとした説明

さりげなく凝った造りが面白い玉江駅

駅と駅舎の旅写真館・古く美しき駅舎に
玉江駅 (JR西日本・山陰本線)
を新規掲載しました。

山陰本線、萩市内にある玉江駅

 山陰本線…、大正の開業当初は美祢線だったこの区間は、萩城下町として発展した萩中心部を南に迂回するようにレールが敷かれ、東側に東萩駅、南側に萩駅、西側に玉江駅が設置されました。

 今では失われてしまいましたが、重厚さ感じる洋風だった東萩駅旧駅舎。現在も残り登録有形文化財となった洋風木造の萩駅舎。錚々たる2つの駅舎に比べ、玉江駅はシンプルな古い木造モルタル駅舎で、普通過ぎる感じさえします。しかしよく見ていくと、さりげなく凝った造りが隠されたとてもユニークな駅舎である事に気付き、4月の山陰本線西部の旅で最も印象的な駅舎になりました。

山陰本線・玉江駅の木造駅舎、独特な出札口のカウンター

 特に印象的だったのがこの窓口跡。

 無人駅となり窓口は塞がれていますが、木製の古いカウンターは残っています。写真左側が出札口(切符売場)で、右側の一段低い窓口が手小荷物窓口跡です。古い窓口の造りを残した木造駅舎は、まだある程度は残っているのですが、通常、出札口と手小荷物窓口のカウンターは分離されています。しかし玉江駅のものは一体となっています。両方の窓口の境目が段差があるのと、出札口の方は二つある窓口部分だけ窪んだ造りになっているがの、長いカウンターのアクセントになっています。色々見てきましたが、こんな造りは私の記憶の中ではこの玉江駅だけです。他にもあったのかもしれませんが、相当珍しいのではないでしょうか…?

古駅舎の窓口跡についての補足説明

 訪問記の中でも、その事を力説したのですが、おそらく文章だけで「他の駅では…」と言っても、なかなかお分かりいただけないと思います。そこでご理解の助けとなればと思い、ここで具体例になりそうな、JRや旧国鉄駅舎の古い窓口跡の写真をあげていきます。

古い木造駅舎の窓口跡、若桜鉄道・隼駅

 旧国鉄・若桜線、現在の若桜鉄道の隼駅。出札口があって手小荷物窓口があってと典型的な国鉄小駅のスタイルですが、素晴らしいまでに原形を留めています。右側の「手小荷貨物取扱所」の古い看板もいい味出しています。出札口、手小荷物窓口のカウンターは、やはり繋がっていなく、それぞれ独立しています。左側の出札口は2つありますが、カウンターは一枚の板となっています。

JR北海道・石北本線・下白滝駅、木造駅舎の窓口跡

 先日2016年(平成28年)3月ののダイヤ改正で廃駅となったJR北海道・石北本線・下白滝駅の窓口跡。窓口は塞がれていますが、木のカウンターは健在。出札口は2つあったようで、出札口毎に小さなカウンターが設置されています。手小荷物窓口は、カウンターと言うより「台」と言った造りです。

JR西日本・因美線・美作滝尾駅舎の窓口跡

 JR西日本・因美線、美作滝尾駅。こちらも素晴らしいまでに木のままの原形の造りを留め、木の香りが漂ってきそう。この駅も出札口が二つあり、それぞれに小さなカウンターが設置されています。

JR九州・肥薩線・矢岳駅の木造駅舎の切符売場跡

 JR九州・肥薩線の矢岳駅。出札口は2つありますが、一枚の長めのカウンターとなっています。

JR西日本・因美線・知和駅駅舎、美しい窓口跡

 JR西日本・因美線、知和駅。多角形状の出札口が待合室内に突き出たような形状で、手小荷物窓口は奥まって設置されています。この木で紡がれ使い古された窓口は美しいとさえ思います。

木次線・日登駅の木造駅舎、木の質感でむせ返るような古い窓口

 JR西日本・木次線、日登駅。年月を経て木目が浮き出たこの窓口も、独特の美を宿しています。右側に手小荷物窓口、左側の奥まった所に出札口があります。出札口は一つだけです。


 一般的と思われる古駅舎の窓口をいくつかピックアップしました。ごく一例ですが、玉江駅の窓口がいかに個性的かお解りいただけたのでは…。

 国鉄の古い小規模駅舎は、1930年(昭和5年)に鉄道省時代に通達された「小停車場本屋標準図」に沿って建てられいる事が多く、そのためJRや国鉄系の第3セクター鉄道では、似たような古い駅舎を日本全国で見る事ができます。

 萩博物館のブログ記事中の、開業間もない昭和初期頃の玉江駅駅舎の写真は、ごく普通の木造駅舎といった感じで、現駅舎とは違っているので、現駅舎は改築された2代目駅舎と思われます。改築の際、建築に携わった人が
「東萩駅と萩駅があれだけモダンでユニークだから、玉江駅もちょっとは…」
という思いがあって、一見、地味ながらも、細部に凝った造りが散りばめられた木造駅舎が生まれたのかもしれません。


 それでは玉江駅の本編訪問記もどうぞよろしくお願いします。


[2016年4月訪問] (島根県萩市)

☆ブログランキング参加中!
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

コメント

こんばんは。拝見致しました。
なるほど・・・中々、興味深いですね。
確かに、出札口周辺はその木造駅舎の内部特徴を、よくあらわしていると感じます。
木造駅舎は、やはり奥が深いですね(笑)
ps 突然でありますが、うちのブログでのリンク紹介(お気に入りコーナー)を
許可して頂けないでしょうか?諸般難しい場合は、無理でなくても大丈夫です。

コメントのチェックを怠り、返信が大幅に遅れたことを深くお詫びします。
リンク紹介もちろん問題ありません。ありがとうございます。
出札口は改修で原形を大きく損ねていたり、全く変わってしまっている場合がほとんどです。
それだけに発見できた喜びは大きいものです。
特に原形をよく留めてようものなら心の中で狂喜乱舞しています (笑)

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ