本格的鉄道地図「レールウェイマップル」発売

鉄道旅行に特化した地図
レールウェイマップル が地図や旅行ガイドブックで有名な昭文社から発売となりました。
「北海道」「東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州」の7冊同時発です。

いい鉄道地図とは…?

 以前から鉄道旅行に向いた地図は無いかなと思い続けて、かつてこのブログで長々と論じた事もあります。
鉄道旅行に適した地図は…?(前編)(2008,11/2)・後編(2008,12/5)』

 あーだこうだとだらだと無駄に述べた駄文なので、あえて上記の記事をお読みいただく必要は無いとは思います(笑) なので、下に要約をまとめておきました。

前編: 理想的な鉄道旅行向け地図

 鉄道旅行に向いた市販の地図というのはなかなか無く、観光地図や道路地図などを代用したものですが、まあこんな地図だったらいいかなと…

  • ほぼ全ての鉄道路線を網羅。
  • できるだけ多くの駅を掲載。少なくともJR線は全駅(コレが意外と少ないのです。所々で駅や駅名記述が省略されていたり…)
  • 大きな縮尺。20万分~30万分の1程度。
  • かつ軽量&コンパクトで携行性がいい。
  • 地形などがビジュアルに認識しやすい。

後編: ベターな鉄道地図、メリットと欠点。

 鉄道ブームと言われる昨今、鉄道旅行を謳った地図がいくつも出版されました。下記に上げる2つはその中でも出来がいいと思います。しかし、必ずしも自分にとってベストではありません…。

日本鉄道旅行地図帳

○-メリット
薄くてコンパクト。B5。
森林鉄道など細かな廃線も網羅するなど資料性が高い。
×-欠点
縮尺が小さく、地図により縮尺がばらばら。
廃線と現存線が別々の地図。それなら同じ地図にして縮尺を大きくして欲しい。

ちず鉄

○‐メリット
コンパクト。A5。
縮尺は29万分の1で統一。まあまあの大きさ。
列車、駅弁など鉄道旅行を楽しむ情報を多く掲載。
×‐欠点
廃線は1970年以降のものしか掲載していない。

 特に「日本鉄道旅行地図帳」は各版合計で140万部を越える大ヒットとなりました。

そしてレールウェイマップルのメリットと欠点

 レールウェイマップルは最後発となり、どんな鉄道旅行地図になってるか楽しみにしていました。最初に中部版を買ったのですが…、第一印象としては配色やデザインが良く見やすいと感じました。鉄道地図として全旅客路線、全駅の掲載はあたりまえ。地図上に鉄道関連施設などの解説が書かれていたり、列車交換可能駅、硬券入場券発売駅など多くの記号や情報が詰め込まれ、ごちゃごちゃする場面もあるのですが、それほど見辛くならず、デザインやレイアウトをよく考えてあると思います。地形は立体的な表記です。その他、レールウェイマップルのいい点、欠点を箇条書きにしていくと・・・

○‐いい点

25万分の1(~30万分の1※)の縮尺で統一。

 上で挙げたように理想的な大きさ。29万分の1のちず鉄と数値は大差無いように思えますが、けっこう違ってきます。(※レールウェイマップル北海道版は30万分の1。)

B5版。コンパクトで薄い。

 持ち運びに苦にならないぎりぎりのサイズ。縮尺を大きくしつつコンパクトすると、地図のぶつ切り感が強くなり、かえって見づらくなるデメリットも。例えば同じく昭文社刊のツーリングマップルとか・・・。両者の兼ね合いを考慮すると、25万分の1の大きさでB5サイズは、絶妙な落としどころだったのかもしれません。

都市部だけでなく地方鉄道沿線の詳細図が豊富

 東京、大阪など大都市圏はもちろん、富山市など地方路線の詳細図も載っています。近江鉄道、上田電鉄、紀州鉄道など、地方ローカル線沿線の詳細地図が載っているところは、さすが鉄道旅行地図を名乗るだけの事はあります。

道路、名所、史跡の表記など、従来の地図的要素もふんだんに盛り込んでいる

 長年、地図出版に携わってきた昭文社の経験が活かされていると思いました。縮尺は更に小さくなりますが、鉄道が無い沖縄の離島もしっかり掲載されています。地図を見るのが好きな人は、鉄道という要素以外でも楽しめるのではと思います。

航路や主なバス路線も掲載

 バス路線は鉄道網以上に細かく、さすがに参考程度なのでしょうが。地図を眺めて、鉄道が無い地域のバス路線を見ると、「何駅からこのバスに乗って海沿いの集落まで行ってみると・・・」と、まだ見ぬ地への空想旅行に魅かれる事もしばしば(笑)

ケータイマップルとの連携

 地図としての出来を重視していたので、これには魅かれなかったのですが、便利そうです。各駅毎に駅ナンバーが振られ、昭文社のガイド・地図情報の携帯サイトの「ケータイップル」の「駅から探す」コーナーに駅ナンバーを入力すると、駅の周辺情報が表示されます。例えば地図、名所、お店、ホテルなどなど・・・。地図は携帯画面では見辛いながらも、詳細な地図も選択でき、急に駅間徒歩を思い立った時に役に立ちそうです。

×‐欠点

廃線・未成線の表記が少なすぎ。

 何と言ってもこれが残念!レールウェイマップルではちず鉄より更に退化して1984年4月1日以降の掲載。記載されている廃線跡は上手く表示されているだけに、こんな感じで記載されてればと返す返す残念。対象外の廃線跡でも、有名な残存構造物は地図上に記載されているのですが、廃線跡がトレースされていないと、ピンときません。最低限、旅客線の廃線・未成線、現存線の旧線跡と廃駅は完全に記載してほしいです。さらに貨物線、専用線など、より多くの廃線も掲載してあれば素晴らしいです。

△‐欠点とまで言い切れないけど微妙な点も…

隣接地方の版と地図がダブっている部分が多いかも

 中部版と関西版で例えると、中部版が西は大阪、京都、舞鶴あたりまでカバーしていて、関西版では東は三重県、岐阜南部、名古屋市、知多半島あたりもカバーしています。広い範囲をカバーしていて、無駄に何冊も持ち出す必要が無く、親切な編集と言えるとは思います。だけどダブっている部分を減らして、薄型化にこだわっても良かったように思います。

巻頭のテーマ別記事がやや中途半端な感

 巻頭に「鉄道遺産」「車両基地・工場」「博物館」「温泉・足湯」「橋梁」「峠と難所」「中部の駅百選」など、テーマ別記事があるのですが、それぞれボリュームが少なく中途半端で、これなら無くてもと思うものがあります。まあ写真グラフとして捉えれば、こんなものなのでしょうが…。例えば「車両基地・工場」では数施設しか紹介されていません。どうせなら、全部の車両基地をリストでいいので紹介して、索引的な性格も持たせ、辞書的に地図にアプローチできた方が面白いと思います。むしろそれとは反対に、いっその事、中途半端な写真グラフや索引のページをなくして、地図上に記載するだけで、調べたければ自分でネット検索してねというスタンスでも全然いいと思います。


 レールウェイマップルの満足度は、廃線跡・未成線の表記での減点が大きいですが、それ以外ではとても概ね満足しているので、100点満点で点数を付けるなら80点と言った所です。出版社が大手なので、そこそこ売れれば、いつかは改訂版を出してくれそうです。その時に色々と改善されていれば嬉しいです。

Amazonで鉄道地図を見る

☆ブログランキング参加中!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

コメント

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。