国鉄コンクリート駅舎の手荷物窓口

 古い駅舎には、無人駅となっても窓口の跡が残っている事がよくあります。昔の駅には大抵、二つ窓口がありました。1つは出札口…いわゆる切符売場で、人のお腹か胸位の高さにカウンターがあります。...

[⇒続きを読む]

長野電鉄・信濃竹原駅~開かずの駅舎が解き放たれる時~

 ロシア旅行の印象覚めやらぬまま、今度は長野電鉄を日帰りで訪れました。…というのも、私の好きな木造駅舎の1つ、長野電鉄・長野線の信濃竹原駅で待合室を利用した写真展が開催されるからです。...

[⇒続きを読む]

南海電鉄・浜寺公園駅、失われゆく名脇役を愛でる

日本を代表する名駅舎の今後  南海本線の浜寺公園駅を訪れました。浜寺公園駅の駅舎は明治40年(1907年)に建てられた洋風木造駅舎がいまだ現役で残っている事で知られています。しかし、その駅舎も南海本線の高架化により、2016年1月27日を最後に役目を終えます。...

[⇒続きを読む]

有田駅と蔵宿駅の庭園跡~1964… 戦後復興が1つの到達点に達した時代の残り香~

有田駅と蔵宿駅、二つの駅の池庭跡  佐賀県内、JR九州・佐世保線の主要駅であり、松浦鉄道・西九州線の起点・終点でもある有田駅。そして有田駅より三駅北の松浦鉄道の蔵宿駅。この二駅の構内には、廃れた池のあるミニ庭園跡が残っています...

[⇒続きを読む]

昔の名前で出ています~新旭川駅~

あた信じてここまできたわ 昔の名前で出ていますぅ~~~ …という訳ではないですが、去年2013年5月、白滝シリーズなど石北本線の駅巡りの旅をした翌日、新旭川駅で下車しました。2008年の夏以来、約5年振りで2度目の訪問となります。...

[⇒続きを読む]

狸...たぬき...タヌキ...

 青春18きっぷの余りがあり、JR西日本・関西本線の非電化区間(亀山~加茂)の駅をいくつか巡ってきました。  三重県の佐那具駅。上りホームの片隅にある枯れた池のある庭園跡に何かいます…...

[⇒続きを読む]

まだ水のある駅の池庭も…

駅の池庭は枯れてしまった所がほとんどですが…  鉄道の旅の中で、駅と言うものに興味を持ち、やがて駅で何故か目にする枯れた池のある庭園風のモノに興味を持つようになりました。かつて駅員さんが丹念に手入し、乗降客の目を楽しませていたのでしょうが、駅の省力化・無人化が進み、枯れた池ばかりが増えていったのでしょう…。  しかし色々と駅を巡っているうちに、水が張られた池のある駅も、少ないながらも残っているものな...

[⇒続きを読む]

名鉄、駅の外の駅構内売店!?

 そこそこの規模の駅になると、駅の中に小さな売店があるのが一般的で、JRで言うならキオスクのような存在で、私も旅行中はよくお世話になっています。  しかし名鉄のローカル区間の一部では、「構内売店」と称する駅売店が、駅の外に別棟であるの何回か見た事があります。...

[⇒続きを読む]

イタリア、駅の中の教会。

 2008年の初め、久しぶりにイタリアなどヨーロッパを鉄道で巡り、いくつもの駅を利用しました。設備や空気感など日本の駅との違いが楽しく、大いに刺激的でもありました。  中でも一番驚いたのが、駅の中に教会、礼拝堂がある事でした。日本の駅にも、小さな祠が有るなど、駅構内に神社っぽい一角や物があるのは何度か見た事はあるのですが、寺社そのものがある駅はお目にかかった事はありません。...

[⇒続きを読む]

秋の大分・日田彦山線の旅、大収穫際~駅の枯池編~

夜明駅、池尻駅、採銅所駅…次々と駅の池庭跡に出会う旅  日田彦山線・久大本線の分岐駅、夜明駅の待合室で窓からふと外を見ると…  緑豊かなスペースの中に、枯れた池があるのを発見しました。周囲が緑豊かなのは、かつては庭園として丹念に手入れされていた名残りなのでしょうか…...

[⇒続きを読む]

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ