鉄道員(ぽっぽや)の幌舞駅こと根室本線・幾寅駅訪問記Up!+厳選?ボツ画像集

メインのロケ地となり、訪れる人が絶えない聖地の駅  駅と駅舎の旅写真館・古く美しき駅舎に 「幾寅駅(JR北海道・根室本線)~鉄道員(ぽっぽや)幌舞駅の面影残る駅舎~」 を新規掲載しました。  幾寅駅は何といっても、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」で、幌舞駅として作品の舞台となった事で有名で、今も訪れる人が絶えない聖地となっています。...

[⇒続きを読む]

深名線・沼牛駅訪問記Up!+厳選!?ボツ画像集

クラウドファンディングで蘇った廃線駅舎 駅と駅舎の旅写真館・古く美しき駅舎に 「沼牛駅~深名線廃線から21年、甦った木造駅舎~」 を新規掲載しました。  北海道とは言え、11月初旬としては異例の大雪には参りました、しかしそれもまた北海道の鉄路らしい情景を添えてるように味わい深い風景でした。私が初めて北海道を旅し、初めて深名線に乗車した1989年の3月も、こんな雪深い風景に驚いたものでした。...

[⇒続きを読む]

半年振りの旧白滝駅~雪と地元の人々の愛情に包まれる小さな駅~

~3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(5)~ 今や白滝シリーズ1有名な駅  白滝駅から旧白滝駅にタクシーでやってきました。旧白滝駅と言えば、今年2016年の始め、この駅唯一の地元利用者である女子高生の卒業にあわせるように廃止になる事が、ネット上で大きな話題となりました。...

[⇒続きを読む]

津軽鉄道ストーブ列車、あたたかでレトロな冬の旅

青森県、冬の風物詩  もう2週間程前になりますが、寝台特急日本海の惜別乗車に行きました。その時に前から乗りたかった津軽鉄道のストーブ列車に乗りました。ストーブ列車は基本的に冬季運行のイベント列車的存在ですが、今や津軽鉄道という枠に留まらない、青森県の冬の風物詩とも言える存在で、観光客の人気が高い列車です。  ストーブ列車は定期列車のレールバスと併結して運行されています。津軽鉄道はローカル線でありな...

[⇒続きを読む]

宗谷本線・雄信内駅前~雪深き沈黙の集落を歩く~

木造駅舎が残る駅  真冬の北海道、宗谷本線の列車に揺られ旅していました。車窓は一面の雪で、なおも雪が降り景色は白く霞んでいました。  列車は雄信内駅で停車し、私は厳寒の空の下、プラットホームに足を降ろしました。  JR北海道の駅としては珍しく、昔のままの雰囲気を良く留めた古い木造駅舎が残りますが、あちこち傷みが目立ち、廃虚の趣きさえ漂います。...

[⇒続きを読む]

ある朝、雪に包まれた厚床駅

 夜行特急まりも、根室本線(花咲線)の快速はなさきと乗り継ぎ、早朝の厚床駅で下車しました。暖冬の影響で、昨晩の小樽市街では非常に雪が少なく物足りない感じがしたのですが、夜汽車で一晩かけて道東まで来ると一面の雪景色。...

[⇒続きを読む]

小樽雪あかりの路~スノーキャンドルで彩られる夜の街~

 旭山動物園を見た後、旭川駅からは特急スーパーホワイトアロー、快速エアポートと乗り継ぎ小樽駅にやってきました。到着した時、歴史ある駅舎はすっかり夜の闇の中に…。  この日は、小樽運河、手宮線廃線跡など、小樽の雪景色を、雪や氷で作ったランタンで照らし出す「小樽雪あかりの路」が開催されています。小樽雪あかりの路は、このところの冬の北海道のイベントとして定着した感があります。...

[⇒続きを読む]

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。