灼熱の夏、駅前のかき氷屋の誘惑…~叡山電鉄・鞍馬駅~

 夏の京都は暑く、列車から一歩出ただけで うだるような暑さにうんざりとした。 駅前にはレトロなワーゲンの移動式 かき氷屋が出店していた。 こうも暑いと、この店に 自然と足が引き寄せられた。 (叡山電鉄、鞍馬駅)...

[⇒続きを読む]

飯田線、さよなら湯谷温泉駅の木造駅舎、遂に取り壊しへ…

 6月、飯田線の湯谷温泉駅の木造駅舎解体のニュースが飛び込んで来ました。  湯谷温泉駅は、前身の鳳来寺鉄道時代の1923年(大正3年)に開業し、駅舎に同社直営の宿泊施設が併設されていて、その当時からの木造駅舎が残っている事で知られていました。...

[⇒続きを読む]

標津線廃線跡+花咲線ふらふら駅巡りの旅

 3泊4日で北海道を旅してきました。きっかけはゴールデンボンバー全国ツアーの中標津公演を見るためでした。中標津町民の皆様には失礼ながら 「あんな所、行くかーーー!!(賞賛)」 と、とても驚きました。思い出ある中標津の公演は絶対見たいと思い、それに加えて鉄旅も満喫してきました。...

[⇒続きを読む]

紀勢本線・神志山駅訪問記Up!+厳選!?ボツ画像

駅と駅舎の旅写真館 raiwaystation.jp 古く美しき駅舎に 『神志山駅(JR東海・紀勢本線)~古民家風のユニークな木造駅舎~』 を新規掲載しました。...

[⇒続きを読む]

桜旅にならなかったけど...春の紀勢本線駅巡りの旅

「今年2019年の桜はどの駅で愉しもうか…」 色々思案しつつ、割と近場にありながら意外と足を伸ばしていなかった、紀勢本線の三重県南部区間に行く事にしました。今年2月に中国・成都を旅しましたが、去年11月末以来、4ヶ月振りの駅巡りの旅でわくわくしまます。...

[⇒続きを読む]

美祢線の木造駅舎を巡りつつ栄枯盛衰に思い馳せる…

1時間ほどの駅間徒歩の末、四郎ヶ原駅へ…  厚保駅から歩き続け、鬱蒼とした道路を抜け、1時間弱で民家が点在する農村に出ました。美祢線のレールが見えると、後は沿って進むだけ。ようやく四郎ヶ原駅の姿が見えました。...

[⇒続きを読む]

グランドオープン迫る!門司港駅舎復原工事、途中経過

ターミナル駅の風情残す洋風木造駅舎  11月末に、駅舎復原工事中の門司港駅に行ってきました。  1891年(明治24年)に九州鉄道の門司駅として開業ました。対岸の山口県下関駅とは連絡船で結ばれ、九州の玄関口として賑わいました。...

[⇒続きを読む]

意外と木造駅舎銀座のローカル線!? 美祢線の旅(1)~厚保駅とレトロな郵便局跡~

 ほぼ未乗の美祢線にでも乗ってみようと、めぼしい古駅舎が無いか、調べてみました。すると、途中駅10駅中7駅で、古い木造駅舎が残っている事を知りました。木の質感溢れる木造駅舎ではなさそうなのがやや残念ながらなも、これは意外な結果。...

[⇒続きを読む]

木造駅舎の年齢は軒や柱に出る!!?

この前書いた記事 「年齢は手や首に出ると言うけど、木造駅舎の場合は…」の続きです。その内容をさくっと言っちゃえば、新築のように改修され若作りを装っている古い木造駅舎でも、軒や柱に年月は滲み出るよというお話でした。  もう少し、例をあげていきます。...

[⇒続きを読む]

年齢は手や首に出ると言うけど、木造駅舎の場合は…

 世の中には、実年齢よりもかなり若く見える人がいます。近年では美魔女といって、40越えなのに20代のように見える脅威的な若作りな人が話題になる事も。  だけど、若く見えても、年齢は首や手に出るとよく言います。  実は同じような事が、木造駅舎の場合にも言えまます。...

[⇒続きを読む]

ブログ内検索

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ