美祢線の木造駅舎を巡りつつ栄枯盛衰に思い馳せる…

1時間ほどの駅間徒歩の末、四郎ヶ原駅へ…  厚保駅から歩き続け、鬱蒼とした道路を抜け、1時間弱で民家が点在する農村に出ました。美祢線のレールが見えると、後は沿って進むだけ。ようやく四郎ヶ原駅の姿が見えました。...

[⇒続きを読む]

グランドオープン迫る!門司港駅舎復原工事、途中経過

ターミナル駅の風情残す洋風木造駅舎  11月末に、駅舎復原工事中の門司港駅に行ってきました。  1891年(明治24年)に九州鉄道の門司駅として開業ました。対岸の山口県下関駅とは連絡船で結ばれ、九州の玄関口として賑わいました。...

[⇒続きを読む]

意外と木造駅舎銀座のローカル線!? 美祢線の旅(1)~厚保駅とレトロな郵便局跡~

 ほぼ未乗の美祢線にでも乗ってみようと、めぼしい古駅舎が無いか、調べてみました。すると、途中駅10駅中7駅で、古い木造駅舎が残っている事を知りました。木の質感溢れる木造駅舎ではなさそうなのがやや残念ながらなも、これは意外な結果。...

[⇒続きを読む]

モスクワ地下鉄・クトゥーゾフスカヤ駅

ユニークなモスクワの地下鉄駅  モスクワメトロの駅と言えば、宮殿か美術館のような駅とは思えない豪華な装飾が有名で、観光スポットにもなっている程。また 長いエスカレーターで降りる地下深くに位置するプラットホームは、冷戦時代、核シェルターとして使う事を想定して造られたとか…...

[⇒続きを読む]

木造駅舎の年齢は軒や柱に出る!!?

 この前書いた記事の続きです。その内容をさくっと言っちゃえば、新築のように改修され若作りを装っている古い木造駅舎でも、軒や柱といった昔からの木造部分に、年月は滲み出るよというお話でした。  もう少し、例をあげていきます。...

[⇒続きを読む]

ロシアが誇る高速特急列車サプサン1等車、モスクワ‐サンクトペテルブルグの旅

ロシアの2大都市間、鉄道による多彩な移動手段  首都のモスクワとロマノフ王朝の都が置かれたサンクトペテルブルグという、ロシアの第一と第二の都市。今回の移動は最新車両が投入された高速列車のサプサンのファーストクラス(1等車)を利用します。...

[⇒続きを読む]

年齢は手や首に出ると言うけど、木造駅舎の場合は…

 世の中には、実年齢よりもかなり若く見える人がいます。近年では美魔女といって、40越えなのに20代のように見える脅威的な若作りな人が話題になる事も。  だけど、若く見えても、年齢は首や手に出るとよく言います。  実は同じような事が、木造駅舎の場合にも言えまます。...

[⇒続きを読む]

イビス モスクワ キエフスカヤ~空港アクセスと地下鉄が便利なモスクワのホテル~

 ロストバゲージで到着日から疲労困憊のロシア旅行。初日モスクワのホテルは、キエフ駅前の「イビス モスクワ キエフスカヤ (Ibis Moscow Kievskaya)」  モスクワ・シェレメチボ空港からアエロエクスプレスで、モスクワ・ベラルーシ駅に到着。環状線の地下鉄5号線の乗り換えて2駅と、空港からのアクセスも良好でした。...

[⇒続きを読む]

中国東方航空ビジネスクラス、上海‐モスクワ搭乗記

上海浦東国際空港での乗り継ぎ  今回のロシア旅行で気がかりだったのが、往路の中国東方航空(MU)の上海浦東国際空港での乗り継ぎ。乗り継ぎ時間が1時間50分しかありません。...

[⇒続きを読む]

長野電鉄・信濃竹原駅~開かずの駅舎が解き放たれる時~

 ロシア旅行の印象覚めやらぬまま、今度は長野電鉄を日帰りで訪れました。…というのも、私の好きな木造駅舎の1つ、長野電鉄・長野線の信濃竹原駅で待合室を利用した写真展が開催されるからです。...

[⇒続きを読む]

ブログ内検索

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加中。ポチッ!!とお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

RSS & QRコード

作者: Solano

Solano

列車に乗って気ままに鉄道旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶら街歩き。
飛行機でどこか遠くへ行くことも。
日本全国、たまに海外へ…

木造駅舎やローカル線の駅など、駅巡りの旅をよりディープに楽しむ鉄道旅行系ウェブサイト
駅と駅舎の旅写真館
もよろしくお願いします。

ご連絡はMailでどうぞ。